CATEGORY

学校の怖い話

  • 2020年9月17日
  • 2020年9月17日

ショウジ君

東京都 高校生 清水 誠(17)(仮名) 僕が小学生だった時の話です。 両親と僕の家族3人は、毎年、祖父母の住む岡山の田舎に帰省するのが恒例行事でした。 確か小学3年生の夏休みのことでした。 父の夏休みに合わせて、その年も家族3人で、1週間ほど祖父母の家に遊びに行くことになりました。 祖父母の家は岡山の山奥にあり、近くにきれいな小川が流れ、水車小屋があるような田舎で、虫や川魚は取り放題。都会育ちの僕にとっては、まるでちょっとしたアトラクションでした。 祖父母の家の斜向いには木造の古い大きな小学校があり、夏休み期間中は、その小学校の生徒はもちろん、その家族 […]

  • 2020年4月3日

学校の怪談

東京都 保育士 杉田 恵子(24)(仮名) 皆さんの学校にも、いわゆる「学校の怪談」ってありませんでしたか? 「トイレの花子さん」とか「動き出す理科室の人体模型」とか「夜中に鳴り響く音楽室のピアノ」とか・・・ 子供の想像力って、本当に無限ですよね。 私の通っていた小学校には、「4年生にだけ見える幽霊」という話がありました。 あくまで「ウワサ」でしたので、それが具体的にどんな幽霊なのかは、話す人によってまちまちで、上級生を含め、本当に見たと言う人は、一人もいませんでした。 私が4年生になった時、新学期の初めは「幽霊はいつ、どんな風に見えるのか」と言う話で盛 […]

  • 2020年4月2日

ウソつきみっちゃん

山梨県 主婦 藤野 伊依(33)(仮名) 私が小学4年生の時、美知子ちゃんという女の子が転校して来ました。 初めのうちは、割と皆んなの中に溶け込んで、私も仲が良かったのですが、しばらくすると、彼女の変わった「癖」のせいで、クラスの皆んなから距離を置かれる様になって来ました。 彼女の「癖」とは、「私には普通の人には見えないものが見えるの」と言うアピールでした。 私の友人は「この世に生まれなかったお兄さんが一緒にいるよ」と言われ、別の友人は「もうすぐお婆ちゃんが病気で死ぬよ」と言われたそうです。 私は「イヨリちゃんの後ろには、耳の無いお坊さんがいて、イヨリち […]

  • 2020年3月4日

修学旅行の夜

東京都 学生 尾下 仁(19)(仮名) この話をすると、聞いた人は皆、大爆笑するので、あまり話したくないのですが・・・。 僕にとっては、人生で一番怖い経験だったんです。 それは、高校2年生の秋のことでした。 ウチの高校では、高2の秋に修学旅行に行くのが慣例で、僕たちもその年、沖縄本島へ行くことになりました。 高2で沖縄ですよ!! テンションが上がらないハズがありません。 天候にも恵まれ、初日から友人たちと、ヘトヘトになるまで思い切り楽しみました。 宿泊予定の市内のホテルに着いたのは、夜7時を回った頃でした。 入浴と夕食を済ませ、4〜6人のグループごとに部 […]

  • 2019年8月28日
  • 2020年12月7日

同窓会の後に

東京都 会社員 石田遼(29)(仮名) 母からの電話で、私が住んでいた村でも少子化が進み、通っていた小学校が廃校になることが決まった、という知らせを聞いたのは、その年の春でした。 戦前から改修を重ね、戦火を逃れ、続いてきた歴史ある小学校です。ましてや母校の廃校となれば、時代の流れとはいえ、何とも切ないものでした。 その年の夏のことです。 私同様「母校廃校」のニュースを聞きつけた同級生たちから、校舎が無くなる前に地元で同窓会をしようという企画が持ち上がりました。 私が在籍していた当時は、1学年全体で13名しかいなかったので、同窓会と言っても、ちょっとした飲 […]