白いヘルメット①

そこから15分ほど走った時でした。

短いトンネルの入り口に差し掛かったところで、中学生くらいの制服を着た女の子が、こちらに向かって手を上げているのが見えました。

カズマとケイタロウはそのままトンネルに入って行ったのですが、その子が気になった私は、そこでバイクを止めました。

「大丈夫? どうしたの?」

私が声をかけると、女の子は

「K駅まで、連れて行ってください」

と、消え入りそうな声で頼んできました。

K駅は、このまま5キロほど走った道沿いの駅です。

私は迷いました。

実は以前、リナのヘルメットを他の女の子に被らせて、バイクの後ろに乗せたことがあったのですが、彼女はものすごく勘が良いので、そのことがすぐにバレて、猛烈に叱られたことがあったのです。

一瞬、そのことが脳裏をよぎりましたが、「これは人助けだ」と自分に言い聞かせ・・・まぁ、正直言うと、多少良い格好したいという気持ちもあり、ホルダーに付けていたリナのヘルメットをその女の子に被らせ、後ろに乗せて走り出しました。

少し走ると、カズマとケイタロウが、私が来ないことを心配して、道路脇に止まって待っていてくれました。

私もそこに止まり、カズマとケイタロウに一連の事情を説明しようとしたのですが・・・後ろに乗っているはずの女の子がいません!

「うわっ! もしかして、途中で落としたか!?」

カズマとケイタロウに慌てて事情を話し、来た道を戻ると、女の子を乗せたトンネルの出口の道路脇に、白いヘルメットだけがこっちを向いて、チョコンと置かれていました。

「え? 何だコレ・・・ どうなってんだ?」

私が道路脇にバイクを止めて、ヘルメットを拾いに対向車線側に歩き出したその時、ズボンのポケットに入れていた携帯が鳴りました。

電話を掛けて来たのは、リナでした。

ヘルメットの方に歩きながら電話に出た瞬間、リナが叫ぶように言いました。

「ダメ!! ケンジ!! 逃げて!!」

ただ事ではない雰囲気のリナの声に、道路の真ん中に立ち止まってヘルメットを見ると、シールドの奥から2つの目が、ジッとこっちを見ていたのです!

あまりの恐怖に、まるで金縛りにでもあったように固まっていると、ヘルメットの下から伸びている影が、ゆらゆらと揺れているように見えました。

目を凝らしてその影をよく見ると、それは影ではなく、長い髪の毛でした。

真っ黒に波打ち、まるでそれ自身が生き物のような髪の毛が、こっちに向かって、蛇のように左右にクネクネとうねり、扇状に広がりながらこちらに向かって伸びてきたのです!

少し遅れて来たカズマとケイタロウも、その様子を目撃していて、私が慌ててバイクに戻って走り出したのを皮切りに、3人で一斉に逃げ出しました。

その後は一度も止まる事なく、ヘトヘトになってアパートまでたどり着いた時、駐輪場でリナが心配そうに立っているのが見えました。

あれが幽霊か化け物か、私には分かりませんが、またリナのヘルメットを貸して、しかもあの場所に置いて来てしまったことで、あれほどボロカスに叱られるとは思いませんでした。

1 2
白いヘルメット①

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてください。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【恐怖】【ホラー】【心霊】【都市伝説】実話怪談と体験談の総合サイト<AFREET.JP(アフリート・ジェーピー)>へようこそ!
当サイトでは、心霊系、実話系の怪談を中心に、短編、長編を織り交ぜ、ほんとにあった怖い話や、身の毛もよだつ恐怖の体験談をまとめてご紹介しております。
今後も不定期ではございますが、心霊怪談、恐怖体験談、実話怪談を中心に、怖い話を追加してまいります。
どうぞごゆっくりお楽しみください。
<AFREET.JP>管理人:一粒万倍(いちりゅうまんばい)