廃病院での出来事

栃木県 会社員 橋本 英治(39)(仮名)

今から20年近く前の話です。

友人A、B、Cと私の4人で、肝試しに行くことになりました。

この4人はいつもつるんでいる、悪友グループです。

行き先は、車で20分ほど走った先の、地元で有名な廃病院でした。

実は、私はそこへ行くのが3回目だったので、あまり気が進みませんでしたが、見渡す限りの山と田畑に囲まれたド田舎に住む、女っ気もない私達にとって、そこは格好の遊び場で、他に行く場所もなかったのです。

「元は精神病院だった」

「関東最大の廃病院」

「呪われた廃病院」

「秘密の地下室がある」

などなど、そこには様々な噂がありましたが、今考えれば、どれも信憑性はイマイチです。

今と違ってその当時は、やっと携帯でメールができるようになった頃で、インターネットよりも口コミの情報が主流でした。

友人の車を近くに乗り付け、懐中電灯の明かりを頼りに、真っ暗な藪の中を100mほど歩いて行くと、突然パっと視界が開け、正面に異様な存在感を放つ廃病院が建っています。

3階建てで屋上があり、いわゆる「心霊スポット」としては、かなり趣(おもむき)がある佇(たたず)まいです。

私も初めて行った時は「怖い」と思いましたが、何しろ3回目でしたし、今まで1度も怖い経験をしたことがありませんでしたので、他の3人に比べると、少し冷めていたかも知れません。

藪を抜けて建物の入口の前まで来た時、私はあるアイデアを思い付きました。

4人一緒では面白くないので、一人ずつ順番に入って階段を登り、屋上に着いたら上から次の奴を呼ぶ、と言うルールです。

私以外の3人はここに来るのが初めてなので、きっと怖さ倍増です。

私は我ながら「良いアイデアだ」と思いました。

じゃんけんで順番を決め、最初に入ったのはAでした。

「おい。このままAだけ置いて、帰っちゃおうか」

下で待つ3人でそんなことを話していると、思ったより早く

「おーい!」

と、Aの声が聞こえました。

下から屋上にいるAの方を見上げると、手を振るAとは別に、何人か黒っぽい人影が見えました。