CATEGORY

廃墟・心霊スポットの怖い話

私だけ

愛知県 会社員 清水 雅美(22)(仮名) 私が高校生だった時の話です。 一学期も終わりに近付いた頃、同級生で仲の良い男の子が車の免許を取ったので、夏休みになったらみんなでドライブに行こうと言う事になりました。 参加者はいつものメンバーで、その男の子と私の他、男子が2人と女子1人の合計5人です。 行き先は、以前から噂されていて、一度みんなで行ってみたいねと話していた心霊スポットに決定しました。 そこは山奥の廃屋で、10年ほど前に心中した一家の亡霊が出るという噂があり、誰が言ったのかは分かりませんが、「出現率99.99%」とのことでした。 カーナビでは上手 […]

オバケの城

東京都 自営業 岡本 明夫(52)(仮名) 今から40年以上前、私が小学校3年生だった時の話です。 昭和50年代前半。当時は都内でも、いわゆる「空き地」がそこかしこに点在していて、野球や虫取りなど、子どもたちの絶好の遊び場となっていました。 同じく「空き家」も多く、小学校の高学年から中学生くらいになると、「探検」と称して、今で言う肝試しのような遊びが流行っていました。 そして、何軒かの空き家の中でも、「オバケの城」と呼ばれる屋敷は、その見た目から別格の存在として君臨していました。 立派な門扉の奥には、腰の高さほどの雑草が生い茂る大きな庭があり、その向こう […]

廃病院での出来事

栃木県 会社員 橋本 英治(39)(仮名) 今から20年近く前の話です。 友人A、B、Cと私の4人で、肝試しに行くことになりました。 この4人はいつもつるんでいる、悪友グループです。 行き先は、車で20分ほど走った先の、地元で有名な廃病院でした。 実は、私はそこへ行くのが3回目だったので、あまり気が進みませんでしたが、見渡す限りの山と田畑に囲まれたド田舎に住む、女っ気もない私達にとって、そこは格好の遊び場で、他に行く場所もなかったのです。 「元は精神病院だった」 「関東最大の廃病院」 「呪われた廃病院」 「秘密の地下室がある」 などなど、そこには様々な噂 […]

とても後悔した話

S県 会社員 上原高志(22)(仮名) 私は今、とても後悔しています。 県内で有名な心霊スポットと呼ばれる場所に、友人のヒロキ(仮名)と車で遊びに行ったのは、去年の夏のことでした。 現地に着いて、森の中の細い山道を歩くと、小さな祠や石碑があり、2人はその雰囲気を楽しんだ後、深夜2時過ぎに自宅へ戻りました。 その翌日から、体調を崩したり、事故に遭ったり、仕事でミスが続いたりと、2人とも良くない事が立て続けに起きました。 初めは2人で「心霊スポットで呪われたんじゃないか?」などと、冗談を言い合っていましたが、その後も偶然とは思えないほど、不運な出来事が続きま […]

兄の遺品

福岡県 会社員 遠藤慶次(33)(仮名) 私には7歳年の離れた兄がいました。 今から20年前のことです。 私が中学生だった頃、年の離れた兄は、すでに社会人になっていました。 兄はちょっとヤンチャで、自分で働いて買ったバイクや車を乗り回し、仲間内でもリーダー格で、その姿は私にとって、憧れの存在でもありました。 そんな兄がある日突然、自ら命を絶ってしまったのです。 母の話では、友人と遊びに行き、帰ってきてから急に人が変わってしまったそうで、それから2ヶ月もしないうちに、自分の部屋で首を吊った兄は、帰らぬ人となりました。 当時の私は、兄の死を上手く受け入れるこ […]