CATEGORY

女性・女の子の怖い話

  • 2021年3月31日
  • 2021年3月31日

何が満開?

静岡県 主婦 遠藤美里(31) 2歳になったばかりの娘は、覚束ない足取りながらも少し走れるようになり、外遊びが楽しくて仕方がない年頃でした。 それに最近では語彙も多くなり、私の言葉やテレビで見聞きしたセリフを真似するようになりました。 いわゆるかわいい盛りの娘と、そんな小さな幸せを噛み締めながらの生活を送っていたある日のことです。 テレビのニュースで、桜前線が次第に北上してきて、関西方面では「桜が満開だ」というニュースが流れていたのを聞いた娘が 「ママ! シャクラがマンタイよ!!」 と教えてくれたので、翌日、近所の公園にお散歩がてら、桜を見に行くことにし […]

  • 2020年8月8日

元カノの願い

群馬県 会社員 大沢 敏史(29)(仮名) つい先日経験した、ちょっと切ない話です。 高校生の頃から付き合っていた彼女と別れたのは、交際8年目の事でした。 きっかけは些細なことだったと思うのですが、ちょっとしたケンカが引き金となり、長かった交際が終わりを迎えたのです。 私も彼女も、仲間内から心配され、よりを戻すように勧められたりもしたのですが、二人の頑固な性格が災いして、逆に意地になってしまい、結局彼女との関係は完全に終わってしまいました。 それから5年ほど経ったある日のことです。 全く音沙汰がなかった元カノから、突然メッセージが届きました。 彼女の話で […]

  • 2020年8月7日

砂遊び

群馬県 会社員 斉藤 利明(23)(仮名) それは私が小学校に上がる前ですから、多分5歳くらいの時の体験談です。 その日は朝からとても暑かったのを覚えています。 家の中で遊ぶ事に飽きた私は、母にねだって、近所の公園に連れて行ってもらいました。 平日の午前中なら、その公園に行けば1人や2人は、いつも一緒に遊ぶ友達がいるはずです。 その日もやはり、一番仲良しで同い年のケイタロウ君が、先に滑り台で遊んでいました。 公園内の遊具でひとしきり遊んだ後、2人で一緒に砂場へと向かいました。 今日は今までで一番大きな砂山を作ろうという事になり、体中砂だらけになりながら、 […]

  • 2020年7月29日

くにゃくにゃの女の子

静岡県 フリーター 宇梶 佑美(21)(仮名) その日の夕方、私はいつものように、バイト終わりに家の近所の公園のベンチでくつろいでいました。 天気が良く、暑くも寒くもなく快適なこの時期に、夕方から暗くなるまで、スマホで漫画を読みながらゆっくり過ごすのが、私にとって至福のルーティンでした。 まだ明るい時間帯に子供たちがはしゃぎ回る、賑やかな雰囲気も好きですが、ちょうど夕食の時間帯になり、少しずつ人が減って行き、日が傾くにつれて次第に静かになっていく雰囲気が、私の一番のお気に入りでした。 その日、最後まで公園の中にいたのは、私と1組の親子だけでした。 母親と […]

  • 2020年7月24日
  • 2020年11月24日

知らない女

神奈川県 会社員 小堀 康平(26)(仮名) 今の彼女と出会ったのは、まだ元カノとの縁が完全には切れていない頃でした。 その頃、私の気持ちは何ヶ月も前に、完全に元カノから離れていて、電話やメールも全て無視することで、自分の気持ちを伝えたつもりでいました。 「このまま放っておけば、いずれあきらめるだろう」 私はそんな風に、高を括っていたのです。 ちょうどそんな時に出会った今の彼女は看護師で、私が友人と呑みに行った時、たまたま隣の席にいたことで知り合い、あっという間に意気投合して、その日の内に付き合うことになりました。 何度かデートを重ねたある日、彼女が私の […]

  • 2020年7月2日
  • 2020年7月2日

俺じゃない!!

大阪府 会社員 清水 勝(29)(仮名) 今考えれば、全てが勘違いというか、若気の至りでした。 瀬戸内のド田舎から、一発当ててやろうと叶うはずもない夢を見て、都会のホストクラブの門を叩いたのは、今から10年ほど前のことでした。 後先考えず、家出同然で実家を飛び出してきた私は、お金もなく、もちろん住む場所もなく、しばらくの間ホームレス同然の暮らしをしていました。 そんな時、ダメ元で飛び込んだホストクラブで運良く採用が決まると、当時、その店のNo.2だったS先輩が私の窮状を聞き、S先輩の部屋を家具家電付きで貸してくれると言ってくれました。 いわゆる又貸しって […]

  • 2020年4月2日

ウソつきみっちゃん

山梨県 主婦 藤野 伊依(33)(仮名) 私が小学4年生の時、美知子ちゃんという女の子が転校して来ました。 初めのうちは、割と皆んなの中に溶け込んで、私も仲が良かったのですが、しばらくすると、彼女の変わった「癖」のせいで、クラスの皆んなから距離を置かれる様になって来ました。 彼女の「癖」とは、「私には普通の人には見えないものが見えるの」と言うアピールでした。 私の友人は「この世に生まれなかったお兄さんが一緒にいるよ」と言われ、別の友人は「もうすぐお婆ちゃんが病気で死ぬよ」と言われたそうです。 私は「イヨリちゃんの後ろには、耳の無いお坊さんがいて、イヨリち […]

  • 2020年4月1日
  • 2020年4月2日

お姉ちゃんの部屋

長野県 高校生 丸山 佑輔(17)(仮名) 半年ほど前、友人Aの家に遊びに行った時の話です。 Aは、中学校からの同級生で、同じ市内の高校に進学してからも、良く一緒に遊びに行く仲でした。 小遣いがある時はカラオケに行ったりもしましたが、金欠になると、僕の家で過ごすことが多く、いつも他愛もない話で盛り上がっていました。 ある日の放課後のことです。 その日はたまたま、母の知り合いが僕の家に来る予定があり、お金もなかったので、遊ぶ場所に困っていると、珍しくAの方から 「じゃあ、ウチ来るか?」 と誘って来ました。 今まで僕は、Aの家に行ったことが一度も無かったので […]

  • 2020年3月31日

白いヘルメット②

神奈川県 会社員 田原 リナ(21)(仮名) 3年前の夏のことです。 同棲していた彼は「ケンジ」と言う名前で、私とは中学校からの同級生でした。 中学卒業後、私は女子校、ケンジは男子校に進学したのですが、高1の夏頃に偶然再会したことから交際が始まり、高校を卒業して就職したのをきっかけに、県内のアパートで同棲することになりました。 そのアパートは、ケンジの友達のたまり場にもなっていて、特に、バイク好きのカズマ君とケイタロウ君は、毎週このアパートを起点にして、一緒にツーリングに出かけるのが習慣でした。 私は免許を持っていなかったので、いつも白いヘルメットを被っ […]

  • 2020年3月31日

白いヘルメット①

神奈川県 会社員 松本 健二(21)(仮名) 3年前の夏のことです。 同棲していた彼女は「リナ」と言う名前で、私とは中学校からの同級生でした。 中学卒業後、私は男子校、リナは女子校に進学したのですが、高1の夏頃に偶然再会したことから交際が始まり、高校を卒業して就職したのをきっかけに、県内のアパートで同棲することになりました。 そのアパートは、私の友人のたまり場にもなっていて、特に、バイク好きのカズマとケイタロウは、毎週このアパートを起点にして、一緒にツーリングに出かけるのが習慣でした。 リナは免許を持っていなかったので、いつも白いヘルメットを被って、私の […]

  • 2020年1月16日
  • 2020年1月22日

公園の女の子2

千葉県 大学生 坂上 修司(18)(仮名) これは、今年の夏に経験した、僕の不思議な体験談です。 大学が夏休みに入ってすぐ、僕は警備のアルバイトを始めました。 2日ほどの簡単な研修を受け、その翌日から早速、県内のアパート建設現場の警備に行くことになりました。 警備と言っても、住宅街の一角に建設中のアパートの前に立ち、通行人に口先だけの注意を促す、簡単な仕事です。 朝8時から1時間の休憩を挟んで夕方5時まで。 直行直帰で交通費ももらえて日当1万2千円は、人とのコミュニケーションがあまり得意でない僕にとって、ありがたいバイトでした。 昼休みになり、近くのコン […]

  • 2019年10月24日
  • 2020年12月7日

もう一度

石川県 会社員 宍戸篤史(34)(仮名) 残業終わりのその日、間もなく迎える本格的な冬を前に、時折吹く冷たい風に身震いしながら、私は一人、しんと静まり返った駅のホームで電車を待っていました。 向かい側の下りホームには、私から見て右側に10人ほどの乗客がいました。 スマホの画面に目を落とし、電車の到着を待っていると、下りホームから、荒々しい男性の声と、それに混じって悲鳴のような女性の声が聞こえました。 私はケンカでも始まったのかと思い、声のする方へ目をやりました。 すると、大声で騒ぐ乗客から少し離れた、下りホームのちょうど中央あたりで、白っぽいコートを着た […]

  • 2019年10月18日
  • 2020年12月7日

上下に挟まれた話

茨城県 会社員 金城達也(24)(仮名) 以前、俺が住んでいたマンションは、上の階と下の階から、毎日のように男女が言い争う声が聞こえてくる部屋だった。 建物の構造上、下からの声や物音は軽減されるので、多少は我慢もできるが、上からの騒音や怒鳴り声は、ちょっと厳しい。 昨日は土曜日で仕事が休みだったが、朝っぱらから上の階の言い争う声で起こされてしまった。 せっかくの休日に安眠を妨害され、虫の居所が悪かった俺は、マンションを管理している不動産屋に電話して、上の階の住民に注意してもらった。 事件があったのは、その翌日のことだった。 その日は日曜で仕事は休みだった […]

  • 2019年9月25日
  • 2020年12月7日

灰色の女の子

神奈川県 専門学校生 細野彩花(20)(仮名) 私には、高校生の頃から毎年同じメンバー3人で来ている、お気に入りのビーチがありました。 その日は夏休みシーズンで天気も良く、ビーチは大勢の人で賑わっていました。 昼頃に到着した私達は、海の家で借りたパラソルと持参したビーチマットを敷いて、まずはのんびり、日光浴を楽しむことにしました。 しばらく友人達と談笑していると、波打ち際に、ちょっと気になる女の子が歩いているのが目に留まりました。 一人ぼっちでトボトボと歩くその女の子は、濡れた髪も、顔色も、手足の色も、水着の色さえも灰色で、全く色がないのです。 華やかな […]

  • 2019年9月1日
  • 2020年12月7日

手話の叫び

千葉県 主婦 山本優香(仮名) 私の娘には、人と少し違う能力があります。 いわゆる「見える」子です。 その事に気づいたのは、娘が幼稚園に通い初めて、まもなくのことでした。 幼稚園では毎日、その日の出来事や必要な伝達事項の確認に、保護者と先生とで連絡帳のやり取りがあります。 ある日の連絡帳に、娘が時々、壁や教室の隅など、誰もいない方に向かって、空想の「お友達」と遊び始めると、お歌の時間や絵本の時間になってもなかなかやめてくれず、少し困ることがある、といった書き込みがありました。 「ああ、きっとこの子も、見えてるんだな・・・」 実は、幼少期の私にも同じような […]

  • 2016年9月29日
  • 2020年12月7日

探し物

東京都 会社員 吉田仁美(28)(仮名) 今から2年くらい前の話です。 その日は高校の同窓会があり、久しぶりの旧友との再会で、皆、かなり盛り上がり、帰りの電車は終電ギリギリになってしまいました。 私の家は、最寄りの駅から徒歩20分ほどかかるため、帰りの時間が遅くなると、いつも駅からタクシーを拾って帰っていたのですが、その日はどういうわけか、客待ちのタクシーが1台もいませんでした。 大通り沿いの歩道を選んで歩けば車の通りも多く、途中コンビニなどもあり、決して真っ暗で怖いようなところはありません。 そこで私は酔い覚ましに、家まで歩いて帰ることにしました。 家 […]

  • 2016年9月11日
  • 2020年12月7日

気がきく彼女

東京都 大学生 佐藤雅信(21)(仮名) 俺には毎年更新し続けている記録があります。それは、『彼女いない歴』です。 岐阜の田舎町から2浪の末、「モテそう」という幻想から東京のミッション系の大学に入り、憧れの一人暮らしと花のキャンパスライフを夢見ていましたが、現実はそう甘くはありませんでした。 入学と同時にスポーツ系のサークルに入ったのですが、そこはいわゆるチャラ系のサークルで、金曜になるとほぼ隔週で合コンが開催されました。 元来、女性が苦手というわけではないのですが、この金曜の恒例行事は、全くモテない俺にとって、単なる苦役でしかありません。 当時、学費と […]

  • 2016年9月3日
  • 2020年12月7日

公園の女の子

埼玉県 保育士 荒井美佳(26)(仮名) 当時、私は保育士になるため、大学に通っていました。 大学は駅から徒歩10分ほどで、途中にある小さな公園を斜めに抜ければ、少しだけ近道ができます。 ただ、建物と植栽に挟まれたその公園は昼間でも薄暗く、とても陰気で、以前、焼身自殺があったとか、夜は痴漢が出るといった噂もありました。 その上、園内の遊具も、駅側の入り口を入って右奥の死角に、赤いブランコがポツンと2つあるだけで、子供が遊んでいる姿など、ほとんど見たことがありませんでした。 だから私も、その公園を抜けるのは、どうしても講義に遅刻しそうな昼間だけ。そう決めて […]

  • 2016年8月22日
  • 2020年12月7日

睨み続ける女

東京都 会社員 佐々木雄大(26)(仮名) 私が大学生だった時の話です。 北海道の田舎から、憧れの東京の大学になんとか合格し、都会的で洗練された綺麗系の彼女を作って楽しい大学性生活、いや、大学生生活を夢見ていた私ですが、寂しい春と、虚しい夏と、悲しい秋が過ぎ去って行きました。 ところが、大学1年の冬のことでした。 インストラクターのアルバイトとして住み込みで行ったスキー場で、いざゲレンデに立つと、まるで別人のようにモテまくり、まさに性春、いや、青春を謳歌できることに気付いてしまったのです。 それから毎年、スキーやスノーボードのインストラクターとして、長野 […]

  • 2016年8月22日
  • 2020年12月7日

歩いてきた少女

※この怪談には一部刺激的な表現が使用されています。閲覧の際はご注意ください。 長野県 警備会社経営 八田剛志(47)(仮名) それはまだ、私が刑事部捜査一課に在籍していた頃の話です。 捜査一課とは殺人、強盗、暴行、傷害、誘拐、性犯罪などの凶悪犯罪の捜査を扱う部署で、日々の捜査は熾烈(しれつ)を極めました。 その捜査一課に在籍していた18年間の中で、私にとって最も不可思議だったこの事件は、20年以上経った今でも、時折夢に見るほど、鮮烈に印象に残る事件でした。 事の始まりは、放置された1台の車からでした。 梅雨明けして間もない、猛烈に暑い夏のある日、山沿いの […]