離れない…

翌日も仕事がお休みだったので、掃除や洗濯を済ませた後、人形の処分の仕方を考えました。

「分別すれば捨てられるけど・・・さすがにバラバラにして捨てるのは・・・ちょっと無理だなぁ」

一度はかわいがった人形ですし、人形に罪はありません。

「誰か貰ってくれないかな? でもなぁ・・・みんなこの人形のいきさつ、知ってるしなぁ・・・」

そこで達した結論は「やっぱり実家に持って行って、お母さんに処分してもらおう」ということでした。

私は早速、リュックに人形を入れ、友人との待ち合わせの前に、実家に立ち寄りました。

母に直接手渡すのはちょっと申し訳ないので、まずはこっそり自分の部屋に置いて帰ろう。

そう思って実家のドアを開けようとしましたが、鍵がかかっていて、留守のようでした。

何度かチャイムを鳴らしながら、実家の合鍵を私のマンションに置いてきたことを後悔しつつ、母の携帯に電話をしましたが、出てくれません。

「あれぇ、買い物かなぁ? どこ行っちゃったんだろう?」

実家の玄関前でしばらく待っていましたが、友人との待ち合わせの時間が近付いても、両親ともに帰ってくる気配がありません。

私は仕方なく、そのまま待ち合わせ場所へと向かいました。

夜になって、母たちがどこに行っていたのか、メールで確認したのですが、母は「今日はどこにも行っていない。1日中家にいた」と言うので、携帯に電話した履歴が残っているはずだ、と言っても「そんな履歴はない。どこか他の場所にかけたんじゃないのか」と返されます。

このやり取りで、母とちょっと険悪なムードになり、頼み事をする雰囲気では無くなってしまった私は、次の手段を考えることにしました。

そこへ、たまたま付けていたテレビで、ヒト型の紙を川に流すお祭りを観た私は、ちょっと悪い考えにたどり着きました。

「そうだ。川に流しちゃおう」

私のマンションから歩いて10分ほどの場所に、夏場は涼を求める家族連れで賑わう親水公園があります。

そこなら人目につかず、捨てられるはず。

夜10時をまわり、時間的にも良い頃合いと思い、かなりの罪悪感に苛(さいな)まれながら、私は人形を持って川へ向かいました。

階段を降り、川へ近付き、人形を手にした私は、

「ごめんね」

と、心の中でつぶやきながら、そっと人形を川へ流そうとしたその瞬間!