秘湯の狸

京都府 無職 和田俊彦(68)(仮名)

私の趣味は秘湯巡りです。

若い頃から温泉が好きで、20代後半からは会社の休日を利用して、月に2回は日本中の温泉に出かけていました。

30代後半になると、その趣味も佳境に入り、普通の温泉では飽き足らなくなり、いわゆる秘湯と呼ばれるような温泉を探して出かけることが多くなりました。

その当時はGPSやインターネットなどない時代です。

私はもっぱら図書館などで基本的な情報を収集し、現地で地元の人から聞いた話などを参考にしながら、地図とコンパスを頼りに山奥に分け入るという、まさにサバイバルな秘湯探検でした。

ある年の9月の3連休に、香川県高松市屋島の、瀬戸内海に面した山奥にある秘湯に行くことにしました。

屋島といえば、太三郎狸(たさぶろうたぬき)の伝説がある場所です。
太三郎狸は別名、屋島の禿狸(やしまのはげだぬき)と言われ、地元では知らない人はいないほどの伝説の化け狸の事で、その変化妙技は日本一と称され、過去に自分が見た源義経の八艘飛びや弓流しなど、源平合戦の様子を、幻術で見せたという言い伝えがあるそうです。(スタジオジブリの『平成狸合戦ぽんぽこ』に出てきたタヌキの大将ですね。)

こういった伝説やその土地の伝承なども、秘湯の魅力をいっそう引き立てるアイテムになります。

私は早速、近くの温泉宿を探して、予約をしようと思ったのですが、巷はちょうど3連休だったため、近隣のホテルや旅館はどこも満室らしく、全く予約が取れませんでした。

それでもせっかくの3連休をみすみす逃したくなかったので、宿の予約もないまま、思い切って現地まで行ってみることにしました。

「いくら連休中でも、民宿1部屋くらいは空いているだろう。」

そうたかをくくって現地入りしたものの、宿という宿は本当にどこも満室で、そのうち辺りはすっかり暗くなってしまいました。

行きたい温泉の場所は概ね見当が付いていたので、その方向に向かって、ひとりトボトボと山あいの坂を登ると、真っ暗な山の中腹に、ぼんやりと明かりが浮かんで見えました。

「旅館か? いや、小さそうだから民宿か? それともただの民家だったら野宿だな。とりあえずダメ元で行ってみよう。」

ようやくたどり着いたのは、小さいながらも立派な外観の旅館でした。

「うわぁ、こりゃちょっと高そうだな・・・まぁ、野宿よりマシか。」

贅沢は言ってられないという言葉はありますが、その時の私は、贅沢しか言ってられないという、何ともおかしな状況でした。

荘厳な造りの玄関を入り、豪華絢爛な装飾品が置かれたロービーを抜けて、カウンター越しに受付の美しい女性に声をかけると、幸い一部屋だけ空きがあるということでした。

恐る恐る受付の女性に宿代を聞いて、こっそり財布の中を確認すると、ギリギリ一泊分は入っていてので、かなり予算オーバーでしたが、この立派な旅館に泊まることにしました。

中居さんに荷物を持ってもらい、案内された部屋は、今まで泊まった旅館の中でも最高ランクで、大きな窓から麓の街の明かりがとても綺麗に見えました。

中居さんはチップを丁重に断った後、話を変えるように夕飯の時間とお風呂の場所を、丁寧に説明してくれました。

夕飯もこれまた豪華で、部屋の中央に並べられたお膳の上には、香川の海の幸、山の幸が所狭しと並べられ、その後はこれまた最高に味のある温泉と露天風呂で、疲れた体が芯まで癒され、部屋に戻れば絶妙のタイミングで、天空の雲のようなフカフカの布団が敷かれていました。

「それにしても、変だなぁ。受付のお姉さんは1部屋だけしか空いていないと言っていたのに、廊下でも風呂場でも、一人もお客らしい人に会わなかったぞ。時間が遅いからか?」

なんとなく違和感を感じながらも、私は翌日の秘湯探検に備えて、すぐに眠りにつきました。

翌日、鳥のさえずりと眩しい朝日と、何よりも異様な寒さで目覚めた私は、思わず自分の目を疑いました。

私が寝ていたのは、ほとんど基礎のコンクリートと柱だけになった、完全な廃墟の中だったのです。

その後、落ち葉の布団から這い出した私は、そこら中に散乱していた自分の荷物を慌てて拾い集め、転がるようにして山を降りました。

やっとの思いで町の手前まで戻った時、通りかかった地元の人に話を聞いたところ、その場所は10年ほど前までは人気の旅館として営業していたのですが、火災で全焼し、それ以来、廃墟になっているということでした。

その時から私は、狸が人間を化かすといった伝説は、案外本当にあるのかもしれないなと思うようになったのです。