憑いて来ちゃった

初めのうちは調子が良かったのですが、夜中の2時を過ぎたあたりから睡魔との戦いとなり、まぶたの重さに耐えられなくなってきたその時です。

ベッドの上で仰向けになっていた私は、これもまた人生初の「金縛り」を経験したのです。

「怖い・・・苦しい・・・」

怖さと息苦しさで、このまま気絶してしまいたいと思っても、意識だけははっきりしていました。

すると、部屋の外で、トン、トン、トン、トン、と、誰かが近付いてくる足音が聞こえます。

「絶対あの男の子だ!!」

ベッドの上で何とかして体を動かそうともがいていると、

ギィィィィィーーーー!

と開いた部屋のドアの向こうに、青白い光を放って、あの男の子が立っていました。

「やだ!怖い!来ないで!!お父さん!お母さん!!」

私は必死にもがき、叫ぼうとしましたが、声も出ません。

すると、男の子は口元に薄ら笑いを浮かべながら、ゆっくりと部屋の中に入ってきて、ついには私のお腹の上に乗ってきました。

ドンドンドンドンッ!!

男の子は両手で突然、息ができなくなる程の強い力で、私の胸を叩きました。

「ネェ!アソボッ!アソボウヨッ!」

そう言いながら、今度は私の首を、両手で絞めてきました。

「やめて・・・苦しい!!」

私は声にならない声で、必死に叫び、動かない体で懸命にもがきました。

すると、男の子の両方の目玉が、ボトリ、ボトリと私の上に落ちたかと思うと、窪んだ真っ黒な目の穴から、あの硬貨がジャラジャラと音を立てて湧き出てきたのです。

その時、右手に持っていた母のスマホのことを思い出し、少しだけ動く指先でイヤホンのコードを引き抜きました。

すると、見ていた動画の音声が部屋の中に響き、その瞬間、男の子はスーッと消えて、金縛りが解けました。

その後はもちろん一睡もできず、朝が来るのをじっと待ちました。

その日、午前中から引越し業者さんが来て、私たちは待ちに待った新居へと向かいました。

玄関、廊下、壁、床、天井、新築の木の匂い・・・

全てがあの家とは大違いです。

「良かった・・・今日からまた、グッスリ眠れる」

私は心からホッとして、あの忌まわしい記憶は、できるだけ早く忘れてしまおうと思いました。

ほとんど徹夜明けで、時々睡魔に襲われながらも、頑張って片付けを済ませ、夕飯に出前を取りました。

夜になって「今日はもう一旦休もう」ということになり、私は楽しみにしていた真新しいお風呂に浸かって、体をゆっくり休めようと思いました。

脱衣所で着ていたTシャツの襟元に手をかけて脱ごうとした時です。

襟元から自分の胸元を見た瞬間!あの男の子がTシャツの中から、しがみつくようにして私を見上げていたのです!

「ツイテ・・・キチャッタ・・・」

その後、気を失っていた私を見つけてくれたのは、お風呂から上がってこない私を心配した母でした。

あとで分かったことですが、弟が宝物だと言っていた積み重ねられた硬貨は、ある地方では、霊や魔物を封印するためのものなんだそうです。

だとすると、弟が崩してしまったあの硬貨は、あの男の子を封印するためのものだったのでしょうか?

それ以来、男の子が出てくることはなくなりましたが、封印を解いてしまった以上、またいつか出てくるのではないかと思うと、心配で仕方がありません。