憑いて来ちゃった

その日の夜のことです。

私の部屋は、階段を上がった廊下の突き当りにありました。

夜中にのどが渇いた私は、階段を降りてキッチンへ向かおうとしたのですが、階段の途中から見える玄関が、何だか真っ黒な闇が広がっているように見え、とても怖く感じたので、自分の部屋に引き返しました。

何故だかは分かりませんし、上手く説明もできませんが、とにかくその時、今まで感じたことのない恐怖を感じたのです。

ベッドの中に潜り込み、そのまま眠りにつくと、いつの間にか夢を見ていました。

その夢は、とてもリアルで、怖い夢でした。

私が部屋から出て階段を降りて行くと、丸坊主でランニングシャツ、カーキ色の短パンを履いた、映画で見るような、いかにも昭和風の男の子が、玄関に立っているのが見えました。

私はその子を、階段の途中から見下ろしています。

男の子の口元は、何かをブツブツとつぶやいているようでした。

すると突然、その男の子がパッと私の方を見たかと思うと、人間とは思えない程の、ものすごい勢いで玄関から階段を駆け上がり、飛ぶようにしてこちらに向かってきたのです。

私は慌てて自分の部屋に戻り、部屋の鍵をかけてベッドの中に潜り込んだその瞬間、

ドンドンドンドンッ!!

家全体が揺れるほどの勢いでドアを叩いてきたかと思うと

「ネェ!アソボッ!アソボウヨッ!」

ドアの向こうから猛獣のような声で叫んできました。

「いやーーーーーっ!」

その時、私はあまりの怖さで、泣きながら飛び起きました。

その翌日の夜も、同じ夢を見ました。

唯一違ったのは、男の子が初めから階段の下まで来ていたことです。

更にその翌日の夢では、男の子は階段の途中まで上がって来ていました。

その翌日は階段を上がりきった廊下に。

さらにその翌日は、ドアを開けてすぐ、私の部屋の正面に。

そしてその次の日、男の子はとうとう、私の部屋の中に立っていました。

毎晩、リアルで怖い夢だったので、

「ちょっとずつ近付いてる・・・明日はどうなっちゃうんだろう・・・」

そんな心配が脳裏をよぎりました。

それでも、引っ越しまではあと1日です。

「オバケ屋敷もあと1日。あとひと晩だけ怖い夢を我慢すれば、明日は新しいおウチだ!」

そう自分に言い聞かせ、このオバケ屋敷で過ごす最後の夜を迎えました。

でも、さすがに眠る気にはなれません。

そこで母に「今晩だけ!」とお願いしてスマホを借り、産まれて初めての徹夜に挑戦することにしました。