免許合宿での出来事

2日目の朝になりました。

昨晩の出来事も忘れ、1日中、教習です。

実車教習は楽しいのですが、学科はどうも、特に午後は睡魔との戦いでした。

夜になり、スマホで友人とやり取りなどしていると、いつの間にかまた電気を点けっ放しで眠ってしまいました。

そもそも、部屋の明かりを点けたまま眠るのは、ここへ来てからという訳ではなく、以前からの私の習慣というか、癖のようなものだったのです。

不思議だったのは、その後のことです。

昨日見たのと全く同じ夢を見た私は、目が覚めるとやはり昨晩と同じように、右手に紙切れを掴んでいたのです。

「うわっ! まただ! キモッ!!」

教習の疲れも手伝って、その紙切れが何なのかを確認することもなく、その日もまた手の中でクシャッと丸め、ゴミ箱に向かって放り投げました。

3日目の朝、朝食の終了時間の10分前に目を覚ました私は、慌てて食堂へ向かい、朝食を押し込んですぐに教習の準備を始めました。

そしてその夜、また同じ夢を見て、ゴミ箱に紙切れを丸めて捨てました。

4日目の教習が終わった夜のことです。

さすがに私も、毎晩丸めて捨てている紙切れが何なのか、気になり始めました。

ところが、ゴミ箱の中を見ても、空っぽで何も入っていません。

どうやら毎日、部屋には清掃スタッフが入るらしく、ゴミ箱の中のものは全て回収されてしまうのです。

諦めて眠りにつくと、案の定、またあの夢と、右手には紙切れ・・・

やっぱり来たかと思い、その紙をよくよく見てみると、何が書いてあるかまでは分かりませんでしたが、どうやらかなり古い御札のようなものでした。

「何か・・・ 気持ち悪いな・・・」

疲れと眠気で冷静な判断ができない状態の私は、やはりその紙切れを、丸めてゴミ箱に向かって投げ捨てました。

5日目の夜のことです。

改めて冷静になって考えれば、連日連夜、同じ夢を見たあとに、御札らしき紙切れを持って目が覚めるというのは、ちょっとただ事ではないような気がしてきました。

そこで、これはクローゼットの中に何か秘密があるのではないかと思い、突っ込んであった荷物をベッドの上に移動させて、棚の上や床から壁、隅々まで確認しましたが、特に変わった様子はありません。

それでもどこかに御札を剥がしたような跡があるのでは、と思い、ベッドの下や机の裏まで丁寧に確認しましたが、それらしき痕跡は一切見つかりませんでした。

ただ、気味が悪かったのは、5日目の夜も、6日目の夜も、同じ夢を見て、同じ紙切れを右手に握りしめたまま目が覚めたことでした。

1 2 3
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

本サイト内のすべてのコンテンツの著作権は当サイト管理人に帰属しています。
一部または全部を問わず、無断で複製、転載、改変、出版、配布することは法律により禁止されています。

目次
閉じる