カッちゃん

埼玉県 大学生 木下翔悟(20)(仮名)

小学校1年生から2年生まで、私には大好きな友達がいました。

名前は確か「カツヤ君」で、私は彼を「カッちゃん」と呼び、学校ではもちろん、放課後も近所の公園で待ち合わせをして、暗くなるまで泥んこになって遊ぶ毎日でした。

ところが、3年生になる前の春休み、私の父の転勤で引っ越すことになり、カッちゃんとはそれ以来、一度も合うことはありませんでした。

それから5年の歳月が流れ、中学2年生の冬休みになった時の事です。

夢の中に突然、カッちゃんが出てきました。

今でもハッキリと覚えているほど、とてもリアルな夢でした。

久しぶりに合うカッちゃんは小学2年生の姿のままで、私は14歳の私で、普通に考えれば違和感があるはずなのですが、夢の中のことなので、特に疑問もなく、本当に楽しい時間を過ごしました。

すると翌日も、そのまた翌日も、カッちゃんの夢が続きました。

そこで私は、なんとなく気になって、母親にカッちゃんのことを聞くと、母は「そんな子は知らない」「覚えていない」と、取り付く島もありません。

3年生を前に転校したため、卒業アルバムもないので、それならと思い、2年生の時の遠足の写真を引っ張り出して来たのですが、カッちゃんの写真は1枚もありません。

あれほど仲が良かったので、一緒に写っている写真が絶対にあるはずです。

その後、1、2年生の時の運動会や合唱会などのイベントの写真も探しましたが、カッちゃんが写っている写真は、とうとう1枚も見つかりませんでした。

「おっかしいなぁ・・・カッちゃんの写真、1枚もないなんて・・・」

その時、ガックリと肩を落とす私を見ていた母が、突然ハッと何かを思い出したような表情で、私を見ました。

聞けば、母のお腹に私がいるのと同じ時期に、母の妹、つまり私の叔母も妊娠していたのですが、不運な事故のせいで、流産してしまったそうなのです。

事故に遭う前、叔母は自分と旦那さんの名前から、それぞれ1文字ずつ取って、「男の子だったら『克也』にしようかな」と、嬉しそうに話していたことを、母は思い出したと話してくれました。

今でこそ遠方で暮らす叔母ですが、私が小さい時、叔母の家はウチのすぐ近くだったので、私のことをとても可愛がってくれたのです。

いつも明るい叔母に、そんな悲しい過去があったなんて・・・

私は叔母の心情を思いながら、「カツヤ」「カッちゃん」という名前との不思議なめぐり合わせに、何とも言えない感情が湧き上がるのを覚えました。

それから1週間ほど経ったある日のことです。

学校から帰ると、母が誰かと嬉しそうに、電話で話していました。

その電話の後、いつになく上機嫌の母に、何があったのか聞いてみたところ、十数年間授かることがなかった念願の第一子を、叔母夫婦がようやく授かったという報告だったそうです。

それを聞いて、私は思わず心の中でガッツポーズをしながら叫びました。

「やったな! カッちゃん! また遊ぼうぜ!!」