もうすぐ【百物語】達成!【恐怖】【ホラー】【心霊】【都市伝説】実話怪談&怖い話の<AFREET.JP>にようこそ!

12時37分

12時37分

千葉県 会社員 Cさん(40代・男性)の恐怖体験談

私、若い頃からサーフィンが趣味で、いつかは海の近くに住みたいと思っていたんです。

そこにちょうどコロナ禍が来まして、会社の仕事も全部リモートになったので、こりゃ今しかない!と思って、憧れだった海の近くに移住したんですよ。
その時はもう、神様がそうしろと言ってくれてるのだと思いましたよ。
こんな言い方、良くないとは思いますけど、コロナのおかげですよね。

今でこそ珍しく無くなったかもしれませんが、その時はリモートで仕事をすることも、ちょっと田舎に移住するなんていうのも、私の会社が一番早かったですし、社内でも私が一番乗りだったと思います。

移住先は、海辺の一軒家で、築10年のとても綺麗な物件でした。
一人暮らしには広過ぎる間取りで、ちょっと贅沢かな、とも思ったんですけど、近所にスーパーもあって買い物にも便利だった上、以前住んでいた東京のマンションより家賃も安かったんです。
そして何より、サーフィンができる海まで徒歩7、8分でしたから、私の理想にぴったりの、最高の条件でしたね。

傾斜地で遮るものもほとんどありませんから、2階のリビングの大きな窓から海を見ると、右手には沖に向かって突き出した岬が見えて、左側は全部海です。
その景色はまるで絵画みたいで、そりゃもう毎日、朝起きるたびにテンション上がりまくりでしたよ。
満月の夜なんか、海面に月が反射して光の道が月に向かって伸びたりなんかして、本当に最高でした。

私はその頃すでに30代後半、いわゆるアラフォーでしたから、流石に毎日とまではいきませんが、天気の良い日は早朝にちょっとSUPしてみたり、週末はサーフィン三昧です。
遅めの青春を謳歌している感じで、充実した毎日でした。

それから1年経ち、2年が過ぎ、
まもなく4年目になろうかという頃、コロナ禍も少し落ち着いてきて、週に3日は東京の本社に出社しろ、ということになっちゃったんです。

すっかり忘れていましたが、通勤ってものすごく体力が要るんですよね。

だから少しずつ海から足が遠のいて、週末なんて昼過ぎまで寝て、東京に住んでいた頃と変わらない、仕事中心の生活に逆戻りです。
それじゃあまた、少々家賃は高くても、東京に住んだ方がいいのかな、と思い始めた頃でした。

ある日会社から帰ると、壁にかけてあった時計が止まってたんですよ。

電池切れかな?と思って、時計の裏の蓋を開けてみたら、そこから錆びた電池と一緒に、バシャっと水が出てきたんです。
量としてはコップに半分くらい。

なんだこりゃ!と思って、手についた水をちょっとだけ、舐めてみたんですよ。そうしたらこれがしょっぱい!

「あーーーーっ!!」

その瞬間、自分でも驚くほど大きな声を発し、全身に怖気が立ちました。

私はこの家に越してから、ちょっと色気付いてSNSなんてやり始めたんです。
だから何かあったらその都度、スマホで写真を撮って、SNSにアップすることが習慣になっていたんです。

1回目は2021年の8月20日。
「時計が!」と題して、こんな記述がありました。
「早いもので、来月で移住して1年。会社から帰ると、壁にかけてあった時計が止まっていた。
電池切れを疑い、裏蓋を開けてみると、バシャっと水が出てきてびっくり!
海のそばは湿気が多いから、こんなこともあるのかな。」

2回目は2022年の8月20日。
「湿気すごい!」というタイトルで、
「会社から帰ってくると、時計が止まっていた!
裏蓋を開けると水が出てきたので、ちょっと舐めてみるとしょっぱい!
他の家電はこんなことないのに、壁にかけてあると湿気を吸いやすいのかな?
そう言えば去年の今頃も、そんなことあったような気がする」

その写真を見た時、ゾッとしました。
両方とも時計が12時37分で止まっていたんです。

そして今日、2023年の8月20日に止まっていた時計の時刻も12時37分。

それに気付いた途端、なんだか急に恐ろしくなって、その日の夜は近所の友人の家に泊まらせてもらいました。

その友人というのは生まれも育ちもこの地元で、サーフィン仲間でもあって、知り合ってからずっと、こっちでお世話になっていたんです。

その夜、呑みながら話しているうちに、その友人から初めて聞いたのが、私の家のリビングから見える、岬にまつわる話でした。

その友人曰く、このあたりの海で亡くなると、海流や風の影響で、遺体は必ずその岬に流れ着くというんです。

数年に1回はそんなことがあるそうで、それは地元でも有名な話らしいのです。

その上、それよりもっとショックだったのは、私の住む家そのものにまつわる話でした。

実は私が引っ越して来る6年前の夏、近くの海水浴場で小学生の男の子が溺れて、その遺体が例の岬の先端に流れ着いたそうです。
そして何より驚いたのが、その少年と家族が当時住んでいたのが、今、私が借りている家だったんです。

なぜそれを教えてくれなかったのかと詰め寄る私に、友人は事もなげに言いました。

「ごめんごめん。でも、それ言ったら気分悪いだろうから、黙ってたんだよ」

友人の話では、その子のお墓がこの近くにあるというので、翌日、早速訪ねて行ったところ、ずいぶんお参りにきていない雰囲気で、花も枯れていました。

そこにちょうど住職さんが通りかかったので、そのお墓について訊ねてみました。

ご住職曰く、毎年命日には家族で墓参りに来ていたのですが、ご主人の仕事の関係で、ここ数年は海外に住んでいるとのこと。
そのため、命日にお参りができないので、お経だけあげて欲しいと連絡があるそうです。

墓石に刻まれた没年月日は平成26年8月20日。
2014年ですから、私が引っ越して来る6年前です。

享年は12歳とあるので、まだ小学生だったでしょう。

時計の針が止まっていた12時37分は、きっとこの子が亡くなった時間に間違いありません。

その話を聞いた時、その子が「僕はちゃんとこの家に帰ってきてるんだよ」と家族に知らせるために、当時住んでいた家の時計を止めに来ていたような気がして、怖いというよりは、ちょっと切ない気持ちになりました。

その後、私は都内に戻り、仕事に追われる毎日を過ごしています。

12時37分

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてください。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【恐怖】【ホラー】【心霊】【都市伝説】実話怪談と体験談の総合サイト<AFREET.JP(アフリート・ジェーピー)>へようこそ!
当サイトでは、心霊系、実話系の怪談を中心に、短編、長編を織り交ぜ、ほんとにあった怖い話や、身の毛もよだつ恐怖の体験談をまとめてご紹介しております。
今後も不定期ではございますが、心霊怪談、恐怖体験談、実話怪談を中心に、怖い話を追加してまいります。
どうぞごゆっくりお楽しみください。
<AFREET.JP>管理人:一粒万倍(いちりゅうまんばい)