向こうの入り口

東京都 大学生 太田 武史(20)(仮名)

それは、僕が高校2年生の夏のことでした。

あと1週間ほどで夏休みになろうかという頃、バイト代と親の援助も少し借りて、初めて中型のバイクを買ったんです。

中古のバイクでしたが、もう嬉しくて嬉しくて・・・

学校に行っている時間と寝る時間以外は、ほとんどバイクに乗っているか、磨いているかのどちらかでした。

週に2日ほど、ガソリン代を稼ぐために、夜のファミレスでのアルバイトを続けていたのですが、この話は、その帰り道での体験談です。

その日もスピード違反の取り締まりが多い大通りは避けて、いつものルートでバイト先から自宅へ向かって走っていました。

梅雨明けして間もないころで、気持ち良く風を切って一方通行の道を抜け、最初の信号を右に曲がると、1キロ以上続く、ほぼ直線の道路に出るんです。

道路の右側には住宅街、左側には高さ80センチほどの古びた石垣が続いていて、一段高いところに歩道があって、その向こう側は、都内でも有数の大規模霊園です。

石垣と植栽で中の様子を直接うかがい知ることはできませんが、地元の人間は特にそのことを意識することもなく、この道ももちろん普通の生活道路として利用されていました。

本当は霊園のド真ん中を突っ切る、両サイドがお墓だらけの道もあるのですが、僕は少々怖がりなので、夜は右側が全部住宅街になっているこの道を通るのが習慣だったんです。

右折してその道に入ってすぐに、石垣にもたれかかるように座っていた女の人が、まるでタクシーでも止めるかのように、僕に向かって手を上げるのが見えました。

場所が場所だっただけに、一瞬ドキッとしましたが、はっきりとした目鼻立ちで、今まで見たこともないような美人です。

正直、完全に僕の好みの女性でした。

服装も明確に覚えています。

Gパンに少しかかとの高い薄黄色の靴と、大きく開いた襟元に白いフリフリの付いた長袖のシャツを着ていました。

慌ててバイクを止めると、その女性がスーッと僕の方に歩いてきて、こう言ったんです。

「すみません。『向こうの入り口』まで、乗せて行ってくれませんか・・・?」

僕は『向こうの入り口』と言う言い回しに違和感を覚えたのですが、とにかくこの女性がものすごく可愛かったので、それを断ることはできませんでした。

「え? 向こうの? この道の突き当りの信号まででいい? ・・・ですか?」

後になって考えると、そんな時間にそんな場所で、迷いもなくバイクの後ろに見知らぬ女性を乗せるなど、僕にしてみればありえないことです。

でも、あの時は、あの女性がとにかく綺麗で可愛くて完全に僕の好みで・・・ 僕はたぶん、あの一瞬で彼女に一目惚れしてしまったんだと思います。

彼女の分のヘルメットはありませんが、この道の先までなら、おそらく2分もかかりません。

悪いこととは分かっていましたが、高校2年生男子の自制心は、脆くもそこで完全に崩壊しました。