ひとりかくれんぼ

彼女「5,午前3時なったら・・・」

私「っちょっ! 3時!? それまで待つの?」

彼女「そうよ。 ちゃんと聞いて。 午前3時なったら、ぬいぐるみに向かって「最初の鬼は『俊』だから」って3回言います」

私「え? 俺、最初?」

彼女「そうよ。 イヤ?」

私「イヤじゃないけど・・・ ルール難しいな・・・」

彼女「でもダメ。 最初は俊が鬼だから、ちゃんと覚えて」

その時、私は「おかしいな」と思いました。

私「これって『ひとりかくれんぼ』だよね? これ、俺と美希ちゃん(彼女の名前)と、ぬいぐるみ入れたら3人じゃね?」

彼女「・・・そうね。 でも、ぬいぐるみは元々カウントしないから、『ひとりかくれんぼ』なんだけど、今日は『ふたりかくれんぼ』だね」

私は「もうその時点で『正式』じゃないじゃん」と思いましたが、彼女の機嫌を損ねるのも嫌だったので、そこはあえてツッコミませんでした。

その後も彼女のプレゼンは続きました。

要約すると、水を張ったバスタブにぬいぐるみを沈め、部屋に戻ってテレビだけ砂嵐(注1)の画面にしておき、それ以外の明かりは全部消して、目を瞑って10秒数えたら、包丁を持って浴室へ行き、「あいちゃん(ぬいぐるみの名前)見ーつけた!」と言いながらぬいぐるみを包丁で刺す、ということでした。

注1:テレビ画面が「ザーッ」と砂の嵐のようになって何も受信していない状態。当時は地デジ放送への移行期間で、アナログ放送に切り替えれば、砂嵐の受信も可能でした。

その後、「次はあいちゃん(ぬいぐるみの名前)が鬼!」と言いながらぬいぐるみを置き、すぐに逃げて部屋のどこかに隠れていると、その間、心霊現象や怪奇現象が起きる、というのです。

ちなみに、この儀式を終わらせるには、予め用意しておいた塩水を口に含み、浴室にあるぬいぐるみに吹きかけて「私の勝ち」と3回言うのだそうです。

彼女「分かった? ルール、覚えた?」

私「・・・うん・・・」

その後、嬉しそうにぬいぐるみのお腹を切って綿を出し、米や自分の爪や髪の毛を入れている彼女の姿を見ていた私は、少し空恐ろしさを感じました。

奇妙な儀式の準備が全て整い、夕飯と入浴を済ませ、つまらないホラー映画を観ながら2人で3時になるのを待ちました。

そしていよいよ、儀式の開始時刻になりました。

1 2 3
ひとりかくれんぼ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてください。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【恐怖】【ホラー】【心霊】【都市伝説】実話怪談と体験談の総合サイト<AFREET.JP(アフリート・ジェーピー)>へようこそ!
当サイトでは、心霊系、実話系の怪談を中心に、短編、長編を織り交ぜ、ほんとにあった怖い話や、身の毛もよだつ恐怖の体験談をまとめてご紹介しております。
今後も不定期ではございますが、心霊怪談、恐怖体験談、実話怪談を中心に、怖い話を追加してまいります。
どうぞごゆっくりお楽しみください。
<AFREET.JP>管理人:一粒万倍(いちりゅうまんばい)