知らない歌

私:「そうそう、あのあと、あの歌のこと、ネットで調べたのよ。 そしたらね・・・」

その話を切り出した時、Yさんの表情が暗くなったのが少し気になったのですが、Fさんの

Fさん:「え? なになに? どうだった? どうだったの?」

という豪快な食いつきぶりに、私はそのまま話を続けました。

私:「あの歌、『兵隊さんよありがとう』って歌で、戦時中は皆んな歌ってたらしいよ」

Fさん:「ちょっと。気持ち悪いね。 どこで覚えたんだろう? 子供達に聞いてみようか」

そこで、子供達を3人とも呼んで、あの歌について聞いてみました。

私:「ねぇ。『ヘイタイさんよーありがとう』のお歌って、だれに習ったの?」

すると、Fさんの娘さんが答えました。

「おともだち! みーんなうたえるよ!」

Fさん:「おともだちって? 保育園のお友達?」

すると3人は声を揃えるようにして言いました。

「ちがうよ! おウチにいるおともだちー!」

それを聞いた瞬間、私とFさんは顔を見合わせ、鳥肌が立つ両腕をさすっていると、沈んだ表情のYさんがポツリとつぶやきました。

Yさん:「・・・やっぱり・・・そうなんだ・・・」

私:「『やっぱり』って? どういうこと?」

Yさんの話では、先週の深夜1時頃、寝ていた息子さんが突然起き上がり、部屋の壁に向かって走って行ったかと思うと、宙を見つめて、指先までピンと伸ばし、気をつけをした状態で、急にあの歌を歌い始めたんだそうです。

Yさんは息子さんが寝ぼけているんだと思い、声をかけようとしたのですが、その時、息子さんの周りに、戦時中に着るような服装の子供達が何人も、何十人も、同じ方向を向いて整然と並び、一緒にあの歌を歌っているのが見えたらしいのです。

Yさん:「・・・だからもう・・・この家では暮らせないと思ったの・・・」

青い顔をしてうつむきながら話すYさんに、私達はかける言葉が見つかりませんでした。

それから数日経ったある日、Yさんは平日の昼間に、私達には何も言わず、引っ越してしまいました。

その後、Fさんも引っ越すと言うので、ママ友を失いたくなかった私は

「もっと学年が上の子供はそんな事ないって言うし、もうちょっと様子見た方が良いって」

・・・と、説得したのですが、結局2ヶ月ほどで、Fさんも引っ越してしまいました。

正直、私にも息子にも、これと言って実害はないですし、何よりも家賃が安いのは、このアパートに住む絶対的なメリットです。

私は3年経った今でも、小学生になった息子とここに住み続けています。

最近、息子はもう、あの歌を歌わなくなりました。

どうやら歌自体も覚えてさえいないようです。

先週、新たに入居してきたご家族が、3歳位の子供を連れて、挨拶に来られました。

もし、その子があの歌を歌ったとしても、「そのうち歌わなくなるから大丈夫よ」とアドバイスしてあげようと思います。