人形からのメッセージ 【後編】

【人形からのメッセージ 前編】からの続編です。

東京都 会社員 西槇由実(26)(仮名)

あの体験から何日か経った頃、久しぶりに母から電話がありました。

他愛もない話に花を咲かせ、そろそろ電話を切ろうかと思った時、ふと気になっていた質問をしてみることにしました。

「ところでお母さん、どうしてあの人形、送ってくれたの?」

すると母は驚いた様子でこう言いました。

「どうしてって、あなたから急に夜中に電話がかかってきて、『どうしてもあの人形を送って欲しい』って言われたからじゃない。
あんな真夜中に電話してきて、しかも暗〜い声で急に変なこと言うもんだから・・・お母さんビックリして、ホントはずっと心配してたのよ。
あまり根掘り葉掘り聞くのも悪いと思ったから、そのことには触れないようにしてたけど・・・
あなたそれ、覚えてないの? 大丈夫?」

私には全く身に覚えがないのですが・・・

電話を切った後、改めて自分の発信履歴を確認してみても、そんな時間帯に母に電話をかけた記録は、残っていませんでした。

もちろん、その前後の日付も全て調べましたが、電話はもちろん、メールなどでもそんなことを頼んだ痕跡は一切ありません。

母をこれ以上心配させたくないので、そのことにはあえて触れませんでしたが、どうしても疑問は残ります。

それじゃあ、母に電話をかけたのは、一体誰だったのでしょうか。

そんなことをして得をするのは・・・

あまり考えない方が良いのかも知れませんね。