かげおくり

かげおくり

滋賀県 会社員 Sさん(50代・男性)の恐怖体験談

私が小学生だった頃、たった1週間だけ「影送り」という遊びが流行りました。

影送りとは、良く晴れた日に、できるだけ何もない平らな地面に映った自分の影を10秒ほど凝視して、それからすぐに視線を上げると、自分の影が空中に投影される現象のことで、いわゆる残像の一種です。

たしか、理科か国語の授業で習ったのか、誰かが本で読んだのだったか、そんなことがきっかけだったと思います。

ある晴れた日の放課後、私たちはその不思議な現象の虜となっていました。

その現象に心を鷲掴みにされた私たちは、何度も何度も、飽きることなく、それを楽しみました。

今思えば、当時はゲームや魅力的なコンテンツなどなかった時代ですし、田舎の学校に通う私たちとしては、そんな自然現象を相手に遊ぶしかなかったのでしょう。

おかしなポーズを取ったり、上手くいけば数人の友達と並んで影送りすると、自分の影と一緒に、友達の姿も空に映ります。

それを見たYくんが、私たちのところに来て言いました。

「それ、オレもいっしょにやらせてーや!」

「よっしゃ!やろやろ!」

「5人でできたら新記録やな!」

誰かが自然にカウントダウンを始めます。

「10、9、8、7・・・」

皆ワクワクしながらも、視線はその瞬間を絶対に逃すまいとして、集中して自分たちの影を凝視しています。

「・・・3、2、1・・・今や!!」

一斉に空を見た瞬間、私たちは凍りつきました。

中央にいたY君の影だけが、他の友達の影を置き去りにして、空の彼方に向かって走り去っていったのです!!!

私だけの見間違いでないことは、他の友達の表情で理解できました。

皆でしばらく呆然と空を見上げたり、隣の友達と無言で顔を見合わせたりしている中、Y君が引きつった不自然な笑顔で、その静寂を破りました。

「な・・・なんや、おもろいことになったなぁ・・・ははは・・・」

私たちはその後、なんとなくいたたまれないような気分になり、それぞれ帰路につきました。

不思議な気持ちを抱えながらも、そこは子供です。

翌日から、晴れた日の昼休みはもちろん、学校の行き帰りにも立ち止まって影送りで遊びましたが、やはりY君だけは、この遊びに2度と参加することはありませんでした。

それから1週間ほど経ったある日のこと。
教壇で目を真っ赤に泣き腫らした担任の先生から、Y君が事故で亡くなったという知らせを受けました。

影送りのあの一件が関係したかどうかは分かりませんが、その後、だれも影送りで遊ばなくなりました。

Y君はあの時の影のように、本当に空へと昇っていってしまったのでしょうか。

あの時、空に向かって走り去ったY君の影は、40年以上経った今でも脳裏に鮮明に残っています。

かげおくり

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてください。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【恐怖】【ホラー】【心霊】【都市伝説】実話怪談と体験談の総合サイト<AFREET.JP(アフリート・ジェーピー)>へようこそ!
当サイトでは、心霊系、実話系の怪談を中心に、短編、長編を織り交ぜ、ほんとにあった怖い話や、身の毛もよだつ恐怖の体験談をまとめてご紹介しております。
今後も不定期ではございますが、心霊怪談、恐怖体験談、実話怪談を中心に、怖い話を追加してまいります。
どうぞごゆっくりお楽しみください。
<AFREET.JP>管理人:一粒万倍(いちりゅうまんばい)