TAG

人形の怖い話

親友の人形

神奈川県 会社員 水野 芳恵(34)(仮名) これは、疎遠だった親友の紗和子から、13年ぶりに連絡があった時に体験した、ちょっと気味の悪い話です。 紗和子とは高校からの付き合いで、社会人になってからもずっと、お互いが生活の一部のような存在でした。 彼女には、高校2年の頃から交際していた、8歳年上の彼がいたのですが、正直、私はその彼のことを、あまり良く思っていませんでした。 私達が20 […]

ひな祭り

東京都 主婦 横山 陽菜(37)(仮名) 2年前の冬、以前から病気療養していた母が亡くなりました。 私は悲しみに暮れながら、家主を失った千葉の実家で、遺品の整理に追われていました。 思い出の品々を処分するのは本当に心が痛みましたが、私の家は都内の狭いマンションですので、すべてを引き取ることができなかったのです。 何でも捨てずにとっておく性格だった母の、たくさんの遺品の中でも、処分する […]

離れない…

愛知県 会社員 富里やよい(23)(仮名) 社会人3年目の春。親元から離れ、念願だった一人暮らしを始めました。 一人暮らしは以前から憧れていたのですが、父の異常とも言える猛反対を喰らい、なかなか実現しませんでした。 ある日、近所の不動産屋さんで偶然見つけた物件に一目惚れした私は、父と再度交渉を重ねた結果、自宅から近いなら良いだろうということになり、やっと夢が叶ったのです。 部屋は4階 […]

人形からのメッセージ 【後編】

【人形からのメッセージ 前編】からの続編です。 東京都 会社員 西槇由実(26)(仮名) あの体験から何日か経った頃、久しぶりに母から電話がありました。 他愛もない話に花を咲かせ、そろそろ電話を切ろうかと思った時、ふと気になっていた質問をしてみることにしました。 「ところでお母さん、どうしてあの人形、送ってくれたの?」 すると母は驚いた様子でこう言いました。 「どうしてって、あなたか […]

人形からのメッセージ 【前編】

東京都 会社員 西槇由実(26)(仮名) 就職を機に上京し、一人暮らしのマンションでの初めての冬が、まもなく終わりを告げようとしていた頃の体験です。 その頃の私は、厳しい社会の洗礼のおかげで、学生気分はとっくに消え失せ、初めて迎える年度末の決算を目前に控え、連日の残業でヘトヘトの毎日を送っていました。 その日、いつものように終電近くの電車で帰ってきた私は、コンビニで買った夕飯をテーブ […]

大切な人形

東京都 大学生 森下浩美(21)(仮名) 私が小学校2年生の時、祖母が病気で亡くなりました。 祖母は初孫だった私をとても可愛がり、大切にしてくれました。私はそんな祖母が大好きでした。 私が生まれてすぐ、祖母は大きな人形を買ってくれました。 フランス人形のようなドレスを着た女の子の人形は、物心ついた時から私の大のお気に入りで、親友のような存在でした。 祖母が亡くなる前日、私はいつものよ […]