向こうの入り口

「ほんの少しだ」と魔が差し、僕は彼女を、見知らぬ女性を、ノーヘルのまま後部座席に乗せてしまいました。

彼女が後ろに乗った瞬間、なびく髪から香水のような・・・線香のような・・・なんとも言えない良い匂いが、僕のヘルメットの隙間から入ってきました。

「大丈夫・・・ ですか? つかまってて・・・ ください・・・ ね」

たぶん、少し年上で初対面の女性に対する僕の微妙な距離感に、彼女は「・・・はい・・・」と、消え入りそうな声で答えながら、あろうことか僕のウエストに、すーっと両腕を回してきたんです!

彼女の頬と胸の感触が、僕の背中全体に広がりました。

「バイク・・・ 買ってヨカッターッ!!!!!」

僕は心の中で叫びました。

早まる鼓動が彼女に伝わらないことを祈りつつ、僕がバイクを発進させようとしたその時、彼女は突然、右手を僕の右手の上に置き、左手を僕の左の手のひらの下から滑り込ませてきました。

突然のことに驚いた僕は、肩越しに彼女を見ようとしたのですが、顔を背中にくっ付けているので、表情は見えません。

すると、彼女はものすごい力で右手のアクセルを全開にして、クラッチを握る僕の左手をこじ開けてきたのです!

「よせ! やめろ!! そんなことしたらバイクごとひっくり返るぞ!!」

背中越しに彼女の「ケケケケッ!」という不気味な笑い声が伝わってきた時、僕は彼女を乗せたことを心から後悔しました。

次の瞬間、彼女の左手はクラッチを握る僕の左手をあっさりと弾き、勢いよく前輪が跳ね上がったバイクは、地面に叩きつけられた僕の上に降ってきました。

その後、気が付いた時には、僕は病院のベッドの上にいました。

隣で母が、警察官と事故の状況などを話し合っていたようですが、僕は全身の痛みで、体を起こすどころか、話すこともできませんでした。

数日後、やっと会話ができるようになってから、事故の状況を伝えたのですが、両親も、ひき逃げの可能性を疑っていた警察も、僕の話は全く信じてくれず、結局「初心者ライダーにありがちな、クラッチ操作のミスによる自損事故」という結論に落ち着きました。

そりゃそうです。

ひっくり返っていたのは、僕とバイクだけだったんですから。

でも、一番不思議なのは、一目惚れまでしたはずの彼女の「顔」が・・・ 全く思い出せないのです。

綺麗で可愛くて、好みだったはずの彼女の顔が・・・ いくら考えても、一切思い出せません。

でも、一つだけ思い出したことがあります。

バイクでひっくり返る前に、僕の背中で彼女はこう言ったのです。

「ケケケケッ! 向こうの入り口は、そっちじゃないよ!」

その言葉と声は、今でも耳に残っています。

『向こうの入り口』・・・それは向こうの世界、つまりあの世の入り口、と言う意味だったのかもしれません。

あの道ですか? あれ以来、二度と通ってません。

1 2
向こうの入り口

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてください。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【恐怖】【ホラー】【心霊】【都市伝説】実話怪談と体験談の総合サイト<AFREET.JP(アフリート・ジェーピー)>へようこそ!
当サイトでは、心霊系、実話系の怪談を中心に、短編、長編を織り交ぜ、ほんとにあった怖い話や、身の毛もよだつ恐怖の体験談をまとめてご紹介しております。
今後も不定期ではございますが、心霊怪談、恐怖体験談、実話怪談を中心に、怖い話を追加してまいります。
どうぞごゆっくりお楽しみください。
<AFREET.JP>管理人:一粒万倍(いちりゅうまんばい)